津久井湖近辺、関東圏日帰りドライブ 家族連れにおすすめの理由とは 相模原に転勤してきた僕

国内旅行

こんにちは青蛙(https://twitter.com/aogaeruaogaeru)です。

 

 

今回の記事では、相模原津久井湖近辺をドライブした感想をまとめたいと思います。

 

 

最初に感想をまとめておくと

  • 自然に恵まれているが、近くのレストラン事情も充実しており、とても楽しかった。
  • そして都内からの渋滞もひどくなく疲労具合も少なくおすすめ。

と心から思える場所でした。

 

 

津久井湖ですが、正直、相模原に転勤してくるまであまり知りませんでした。

 

 

思いつきで行ったのですが想像以上の楽しさでした。

 

 

これは津久井湖の写真。

自然に恵まれデトックス、気晴らしには最適な場所でした。

 

 

下の写真は津久井湖城山公園と相模川。

津久井湖の近くには、有名な相模湖もありますが、私は津久井湖周辺も負けず劣らずいいと思います。

 

 

せっかくですので津久井湖の魅力を知ってもらえる記事を書こうと思いました。

 

 

 

  • これから津久井湖に行かれる方
  • 相模原近辺および都内から日帰りでドライブをしたい方
  • 家族連れでドライブ、外出したい方
  • 自然を楽しみたい方
  • バーベキュー、公園遊びを自然の中で楽しみたい方

の方の参考になれば幸いです。

 

 

 

今回の当日のスケジュールです。

 

 

10時半に自宅を出発

12時 国道413に到着 食事

13時半 津久井湖到着 津久井湖城山公園根小屋地区にて公園遊び

15時 津久井湖城山公園、花の苑池および相模原自然公園を散策

16時半 津久井湖を出発

18時10 東京、調布ICを降車

20時 近くのファミレスで夕食を終え帰宅

 

 

 

津久井湖のアクセスおよび渋滞情報

津久井湖までのアクセスです。

下の写真は今回私が使ったルート。

このルートですが津久井湖までの私おすすめルートでもあります。

 

 

 

グーグルマップの表示では41分。

 

 

通常の週末の土曜日に行きましたが、少しの渋滞もあり調布から津久井湖までの所要時間は約50分。

 

 

高速料金は、片道1,000円です。

 

 

調布からですと、中央道から圏央道を利用して、相模原ICで降りるルートが最短時間ですが、私は、下記理由であまりおすすめしていません。

 

 

  • 中央道から圏央道にうつる八王子JCTは土日渋滞する。
  • 中央道の八王子バイパス 相模原/町田出口以降は数十キロの渋滞の可能性が高い。
  • 高速の休憩所は車が並んでおり、待ち時間は15分~20分超え、トイレの問題が心配。

 

 

 

ですので私は、調布IC→中央道→八王子バイパス 相模原/町田方面(下の写真)で高速を降りて下道を活用します。

下道を使うメリットです。

 

 

  • 八王子から相模原の道は、比較的すいている。
  • 中央道は渋滞が多く休憩所に入るまで車が並んでいるので、トイレにすぐに入れない。
  • 下道を活用すれば、コンビニを活用することでトイレの問題を解決できる。

 

 

 

私の住む練馬方面からでもトータルの移動時間は1時間半。

 

 

疲労も少なく目的地に着くことができました。

 

 

津久井湖周辺、国道413充実した周辺のレストラン事情

八王子バイパス 相模原/町田方面で高速を降り、下道を使うルートですがもう一つ理由があります。

津久井湖手前の国道413は、家族連れにも優しい飲食店、コンビニが多くランチには最適であるからです。

こちらが、津久井湖手前の国道413の地図です。

特に赤丸の部分が飲食店、コンビニが多いです。

国道413は来年の東京オリンピックのロードレースの会場にもなるようです。

下の写真は国道413をちょっと拡大したもの。

ちなみに私は、はま寿司 相模原城山店で家族ランチをしました。

はま寿司付近ですが、ファミリーレストラン、ラーメン、回転ずし等豊富です。

津久井湖による前、帰りに国道413でランチ、ディナーはとてもおすすめです。

是非行ってみてください。

津久井湖城山公園小屋地区 自然散策、公園遊びにおすすめ

津久井湖城山公園ですが大きく分けると根小屋地区、花の苑池、水の苑池と3つにわかれています。

ランチ後に最初によったのが、津久井湖城山公園根小屋地区。

 

 

 

最大の魅力ですが、

  • 豊かな自然
  • 公園にある豊富な遊具
  • 園内のパークセンターで津久井湖城山公園の文化を学べること

です。

 

 

園内の入り口

園内には自然散策のコースもあります。

なんと一周30分から40分かかるようです。

 

 

 

駐車場も多く、駐車待ちになることもありませんでした。

津久井湖城山公園根小屋地区 四季の広場

入り口から約10分で遊具のある四季の広場につくことができます。

 

 

 

四季の広場ですが幼児から小学生低学年ぐらいまでの遊具がとても充実しています。

津久井湖城山公園根小屋地区ですが、山の傾斜にある公園です。

 

 

ですので傾斜を利用した迫力のあるすべり台はとても面白いです。

息子が20回以上すべったすべり台。

 

 

こちらはヒップボードなしですべってもお尻がいたくなりません。

 

 

スピードが出過ぎない設計にもなっているので、安心して使えます。

 

 

またネットを活用した様々な遊具、吊り橋もとても面白いです。

吊り橋。

ネットを活用した様々な遊具。

大興奮の我が子。

 

 

30分ぐらい遊ぼうかと思いましたが、1時間と大幅にオーバー。

 

 

途中から特殊部隊の訓練所に見えてきました。

 

 

注意点ですがボールを使った球技スペースはないので注意が必要です。

 

 

幼児用のすべり台もあります。

広場には、たくさんの子どもたちがおり、2時を過ぎても公園を訪れる家族がたえませんでした。

津久井湖城山公園根小屋地区パークセンター

津久井湖城山公園根小屋地区の入り口にあるパークセンターも津久井湖公園の魅力の一つです。

 

 

 

 

パークセンターでは、津久井湖城山公園の自然、歴史を学ぶことができます。

津久井湖に生息している鳥のはく製。

なかなか勉強になります。

 

 

 

 

四季の広場で体を使った後は頭を使うのもいいかもしれません。

 

 

 

 

こちらには戦国時代の甲冑が!!

津久井湖城山は、名前の通りお城だったようです。

 

 

 

戦国時代、関東を拠点とする北条家が、現在の山梨に拠点をかまえる武田家から侵攻を防ぐため、守りのかなめのとして使っていたようです。

 

 

 

こちらは城山公園の全景をジオラマで見ることができます。

なんとも精細な模型。

 

 

 

 

戦略的にここに兵をおきたいとか、ここを攻めたらどうなるかなんて武将的なことを考えてしまいました。

 

 

 

パークセンター内ですが、授乳室、小さい子どものためのおむつ替えスペースもあり子連れにもとても優しいです。

 

 

 

 

とても魅力的なセンターでした。

 

 

 

 

 

津久井湖の絶景を見たいなら津久井湖城山公園、花の苑池

根小屋地区の後に寄ったのが花の苑池。

 

 

 

ここでは津久井湖の絶景&バーベキューを楽しむことができます。

 

 

 

下の写真は壮大な津久井湖。

後ろは津久井湖城山。

紅葉が徐々に始まっておりとてもきれいでした。

 

 

 

 

橋本駅からすぐに大自然がひろがっているこれも相模原の魅了の一つですね。

 

 

 

花の苑池ですが津久井湖ガーデンバーベキュー場もあります。

1テーブルあたり、テーブル+レンタルセットで3350円です。(税込)

 

 

 

レンタルセットの内容です。

(追加テーブル&イス、バーベキューグリル、木炭3㎏、炭用トング、食材用トング、着火サービス、ゴミ処分サービス付)

 

 

 

ご利用の1ヶ月前より食材セットは5日前まで、テーブルのみの場合は3日前までです。

 

 

 

 

バーベキュー初心者にも優しそうです。

 

 

 

予約はこちらからできます。

 

 

 

今回は行けませんでしたが、津久井湖城山公園には水の苑池、展望デッキ、森のステージとまだまだ見どころはあります。

 

 

 

 

一日ではまわりきれないかもしれません。

 

 

 

 

相模川を見ながらキャンプを楽しめる上大島キャンプ場

津久井湖周辺ですが、キャンプ場も多くあります。

 

 

 

その一つが上大島キャンプ場

アクセスです。

津久井湖から車で約15分から20分です。

 

 

 

 

子どもが

 

 

 

「ボール遊びをしたい!!」

 

 

 

 

と言い出したので急遽よりました。

 

 

 

とても広いキャンプ場でした。

家族連れキャンプがとても楽しそう!!

 

 

桜の名所としても有名で、花見をしながらのバーベキューも格別のようです。

 

 

 

要予約が必要のようです。

 

 

 

 

こちらが問い合わせ先042-760-6066

 

 

 

詳細はこちらをご参照ください。

 

 

 

 

近くには、相模川が。

ながれが結構はやかったです。

 

 

 

息子はちょっとびびっていました。

 

 

 

キャンプ場近くには、ボール遊びのできる芝生もあります。

 

 

 

 

今回は行けませんでしたが近くには、相模川自然の村公園もあります。

 

 

 

 

是非行ってみてください。

 

 

 

津久井湖まとめ

「津久井湖近辺、関東圏日帰りドライブ 家族連れにおすすめの理由とは 相模原に転勤してきた僕」について書かせて頂きました。

 

 

 

まとめですが

  • 都内からも遠くなく日帰りにおすすめ
  • 傾斜を利用した充実した遊具のある公園
  • 自然散策におすすめ
  • バーベキュー、キャンプを楽しめる
  • 自然は豊かだが国道413は、家族連れに優しいレストランが多い
  • 紅葉、桜も四季も楽しめる

です。

 

 

日帰りドライブにとてもおすすめできる素敵な場所でした。

 

 

 

是非、相模原に行った際は是非立ち寄ってほしい場所の一つです。

 

 

 

最後まで読んでくださった皆様本当にありがとうございます。

 

 

 

 

相模原の魅力が少しでも伝われば幸いです。

 

 

 

 

 

コメント